2013年07月26日

川合玉堂展で見た絵

玉堂130608_0.jpgご無沙汰しているうちに、梅雨が過ぎ大暑の候。
川合玉堂を見たいという女房殿と広尾の山種美術館まで出かけた。
美術館にはたまに行くが、いつもお伴です。
川合玉堂の絵も見たことがなかったが、今日はいつもと違った。
描いた時代によって違うようだが、もやっとした風景の中に動きのある主役がいる。
瞬間を切り取ったような構図。シャッターチャンス的にみると実に興味深かった。
今日は日本画のイメージがずいぶんと変わった。
近くに大正時代に建てたらしい玉堂の別邸がある。行ったことないが、雰囲気を感じに行ってみようかと思う。
それにしても、今日の東京も暑かった。
posted by いごっそう at 23:02| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然(未整理) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。