2011年11月11日

写仏を体験

_DSC9784(1)0001.jpg 奈良の二日目は雨予報のため、当初の予定を変更して当麻寺に行くこととした。近鉄奈良駅からおよそ一時間で葛城市の当麻寺駅に到着、隣は今や舌戦たけなわの大阪府だそうです。
 当麻寺は飛鳥時代創建の古寺で、中将姫伝説の当麻曼荼羅で知られるが、奈良市の中心部にある大寺とは違い、如何にも素朴な雰囲気のする寺だった。
 本堂、金堂、講堂、東塔、西塔とすべて見て回ったが、実はここでのメインエベントは写仏体験でした。
 2,500円也を払って、中乃坊にあがると自分の書く仏様を選んでくださいと言われた。一番シンプルそうなので阿弥陀如来半身像を選んだ。
 筆、墨、タオルなど一式をもらい簡単な説明を聞いていざ挑戦。試し用の部分図で少し練習してみたが、急に上手になるわけでもなし、さっさと書きはじめた。
 線をなぞるだけなのに微妙に線が太くなったり細くなったり、濃くなったり薄くなったり、なかなか難しい。我ながら、絵心のないのが身にしみる。何とか完成させて願意を書きこみ奉納した。。
 上手下手でご利益はかわらないと聞き、納得して寺を後にしました。帰り道にあったお店で名物中将姫餅を食べた、赤福のようなお餅でした。
 去年は薬師寺に初めての写経を奉納し、今年は当麻寺で初めての写仏体験でした。楽しんでいるだけですが何かいい人になった気がします。

ラベル:当麻寺 奈良 写仏
posted by いごっそう at 17:20| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も今年、写経しました。
なんだか早く書き終わってしまって・・もしかしてもっとゆっくり書かなくちゃいけなかったのかな?って思いましたよー。心を落ち着けると自然とゆっくりになるのでしょうか?!
Posted by sawaki@fhoto2007 at 2011年11月19日 22:06
 一緒に行った仲間に美大出でのが一人いました。見事な出来栄えでした。御仏の心は上手下手、早い遅い関係無しということで。
Posted by いごっそう at 2011年11月20日 13:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。