2008年10月07日

健康保険証の切替え

 先月末で退職2年、元会社の継続健康保険が切れ、手続きしていた国民健康保険証が本日届きました。
 今までのカード状の保険証に比べると、えらく薄くて折れそうな厚さです。
 会社からは半月ほど前に期限切れ予告証が送られてきて、期限が切れたら役所にいって新たな手続きをするようにとのメモが入っていました。
 先週3日の金曜日に区役所に行き、申込用紙に住所、氏名、誕生日など記入し免許証で本人確認、これだけで手続きは終わりです。本人確認は私だけでOK、妻は前日バスポートを探して持っていったのに必要なしでした。保険証が届くまでの証明書も頂きました。
 喜ぶべきは保険料が格段に安くなったことでしょう。それだけ収入が激減したということですが。出来得れば使う回数が少ない、健康な生活を送りたいものです。

posted by いごっそう at 15:52| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 退職後の諸手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

ハローワークも今日で終わり

 今日は最後の失業認定日でした。12月初めから窓口に通ったのは6回、満額いただいたことになります。
 「おはようございます。」、「早いものですね、ごくろうさまでした。」、「ありがとうございました。」の会話と笑顔だけ。 担当官も読みきりのようで、最終回は一分で終了です。

ラベル:ハローワーク
posted by いごっそう at 15:14| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 退職後の諸手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

ハローワークも後一回

 先ほど五回目の失業認定を受けてきました。
 本日の相談員の方は、希望の仕事があればということですか?ニコッ!残り少しですからがんばってください。と当方の心中が良くお分かりのようでした。
 来月行けば失業給付も終わりです。
posted by いごっそう at 12:09| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 退職後の諸手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

人材銀行に登録

 9月末に定年退職して半年近くになります。12月に最初の失業給付金を受給してから残りは45日分です。
 先日、人材銀行にも登録してきました。ハローワークでも当初から人材銀行への登録を勧められていました。

 40年間の還元として、失業給付金は満額もらうこと、その過程で気持ちをかきたてるものが見つかれば、それはそれで具体化を考えるのが基本スタンス。
 いわば手前勝手かもしれない理屈に基づき、潮時が近づいていると感じ人材銀行にも行ってきた次第です。

 求職登録シートに職歴や専門知識などを記入、あらかじめ準備していた職務経歴書と一緒に提出し、ヒアリングを受けたあと登録完了。その間、およそ一時間くらいです。
 ハローワークのように混雑していません。私がいた一時間強の間に出入りした方は10人もいなかったと思います。

 登録完了後に求人検索をしましたが、ハローワークと際立った違いは無いようです。別々の役所機関として存在する意味合いに、ちょっぴり疑問を感じてしまいました。
posted by いごっそう at 11:45| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 退職後の諸手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

団塊世代を紐解く7つの鍵

 本日の新聞、セカンドライフ特集のタイトルです。広告ですがアンケート結果を自分自身と重ねると興味深いものでした。

1.「就労」 働く意欲はまだまだ旺盛
 定年後も80%以上が働く。経済的理由46%、生きがいなどその他54%。/私はさっさと退職しました。

2. 「自由時間」 有意義に過ごしたいフリーの時間
 セカンドライフ20年間として約7万時間の自由時間。1日10時間が思いのまま、明確なビジョンを!/10時間以上ありそう。今のところ、週一月一の固定時間はあるものの、雑用含め日々は気分次第。4月になれば某大学生、半分は机に向うことになるでしょう。

3. 「住まい」 田舎にあこがれる男性、都会に住みたい女性
 住み替え希望34%。田舎暮らしの希望、男は28%ロマン派、女は10%現実派/住み替え済み。検討過程の発想はそのとおり、結果は現実派です。

4. 「夫婦」 夫の片思い
 もう一度生まれ変わってもこの人と結婚。夫2人に1人、妻5人に1人。/そのとおり?

5. 「若さ」 いつまでも若くありたい
 90%が自分は実年齢より若く、男女とも平均約10歳若いと思っている。/体力記憶力の衰えは感じるが、年よりは若いと思っているのは間違いないですね。

6. 「ともに楽しむ」 美田の実りは子や孫と楽しみたい
 親としての顔。子に同居を求めるのは2割、近居を求めるのが7割。迷惑はかけたくない遊びに来れる近くにいて欲しい複雑な親心。/全くそのとおり。

7. 「マネー観」お金にも働いてもらいたい
 理想のライフスタイルを実践するのに経済的なゆとりが大前提。半数以上の人が多少のリスクを取りつつも収入利回りを高めたい。/不安はあるものの株価に一喜一憂。

 団塊マネーを取り込みたいファイナンシャル会社の広告でした。アンケート調査をしたのはシニアマーケット専門のコンサル会社です。
posted by いごっそう at 12:58| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 退職後の諸手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月09日

自分で車検証の登録変更

 DSC02637(1).jpg
 先日の金沢自然公園続き

 車検証の住所変更をしてきました。先週申請した車庫証明書を警察でもらい、その足で神奈川運輸支局へ行く。着いたのが12時15分、まず350円の収入印紙と申請書用紙の購入のために3号館へいくと、何とランチタイムで閉鎖です。

 その後、1時を待って3号館、4号館、2号館とまわり諸手続きを終了、1時40分頃に新しい車検証の交付を受けました。
私は時間があるので、諸々の手続きを自分でやることに意義を見つけていますが、来られている方々は車屋さん等代理者が多いようでした。

 窓口の対応は、最近の他の役所と同じく皆さん親切でしたが、今頃のご時世に昼休み受け付けない役所があるとは驚きました。
posted by いごっそう at 18:03| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 退職後の諸手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月02日

確定申告に行ってきました

 昨日請求した確定申告用の書類が、今朝速達で届きました。早速インターネットで確定申告書を完成させました。控除のための入力は社会保険料、生命保険料、損害保険料、配偶者控除、医療費の控除です。

 それで、午後から横浜南税務署に行ってきました。
 息子の運転で行ったので、駐車待ちの車がずらり並んでいるのを横目に玄関を入ると、相談チェックは2階へ提出だけは駐車場の仮ハウスへとの案内です。2階は込み合っているようです。
 入力さえ間違ってなければ大丈夫と割り切り、提出だけのほうに並びました。こちらも並んではいましたが、窓口もたくさんあり5分程度で済んでしまいました。思いがけず短時間で済んだので、久しぶりにタリーズでコーヒーを飲み先ほど帰ってきました。

 帰ってきてさっそく気がついたのですが、配偶者控除の入力で生年月日は記入したのに、氏名を記入するのを忘れていました。
 天下の税務署、全てお見通しと思って安心していますが、甘いでしょうか。
ラベル:確定申告 税務署
posted by いごっそう at 16:13| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 退職後の諸手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月01日

退職と引越しの手続き

 退職と引越しで、やらねばならぬ手続きがまだ残っています。

 昨日はハローワーク失業認定日、ついでに警察署で車庫証明申請書類を貰ってきました。実は免許証の住所変更した時に一緒にもらっとけば良かったことです。
 帰宅して管理センターに保管場所証明書の発行を依頼しました。警察への車庫証明手続きができたら、車検証の変更登録をしに運輸支局にいくことになります。遠いですね、区役所あたりで一括して出来るようにして欲しいですね。

 一方、確定申告書は提出期限が残り少なくなってきました。昨夜申請書を作ろうとして足らない書類に気がつきました。
 今日は朝から保険を扱うグループ会社に電話し、住所変更依頼するとともに、火災保険等損保の払い込み証明を発行してもらうべくお願いをしました。

 これらの手続きも、今までは自分で直接やることは無かったことですが、時間があるので自分でやろうとしています。
 たいがいのことはインターネット上で調べられます。
 便利が良いのかどうか意見は色々ありますが、ネット情報を有効に使わせてもらっています。

posted by いごっそう at 17:31| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 退職後の諸手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

住所変更手続きetc

 今日も忙しい一日でしたが、少し落ち着いてきました。
 まずは区役所に行き住所変更手続きをし、住民票の交付をうけてきました。警察署では運転免許証の住所変更をし、ついでにハローワークにも行きインターネットで求職検索、活動実績印をもらいました。
 午後はプロバイダー、クレジット、保険、各種メルマガなど、パソコンからできる諸々の住所変更手続きをすませました。
 玄関先に花の絵を掛け、リビングの壁には家族写真も復活し、自分達の家らしくなってきました。
 しかし自分の部屋はダンボール6個が未整理、バルコニーは足の踏み場もない状況が続いています。
posted by いごっそう at 21:25| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 退職後の諸手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月29日

引越しと、ひかり電話の番号

 電話番号が変わると何かと不便である。
 転居先は直線距離では1.数kmしかないがが「ひかり電話」の異動のため番号が変わってしまうらしい。転居先の地域には光電話帯の番号が割り振られているとのことで、今後横浜市内での異動があってもこの番号は変わりませんという説明です。
 新しい番号は328で始まるのですが、加入電話の番号でいうと西区や神奈川区に相当する番号です。地域性の無い番号となり、カーナビで電話番号検索しても、我が家には来られないということになりそうです?

 話しの発端は、昨日転居先の近辺に住まわれている人達から、新しい連絡先の328から始まる転居後の電話番号について、ここら当たりの電話は、みんな7××から始まりますよ、間違いではと言われたことです。

 心配になりあらためて166にて確認をすると、昨日の夜は現在の番号を変える必要はありませんとの回答でした。以前確認した話と違うと抗議していたら、今朝連絡がありやはり変わりますとのこと、理由は上述の通りです。
 念のため、加入電話では変わらないのかと確認すると、今回のケースでは局が変わるのでやはり変わりますとの回答でした。

 実は先月中旬NTTに引越し先の電話番号が変わることを確認して、年賀状250枚には転居予定挨拶を含めました。
 一年前にBフレッツひかり電話に換えた時に、予定日に工事の手配がされていなかったり、工事費の請求が違っていたりしてクレーム処理係りとやり取りをしたことがありました。
 またかと思い、無駄になったらNTT訴えてやる?と考えていましたが杞憂でした。
posted by いごっそう at 12:23| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 退職後の諸手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

ハローワーク 2007年始まり問題

 今日は二回目の失業認定日、午後ハローワークに行ってきました。専門相談窓口で希望職種以外も幅広に探しておいたほうが良いですよとのアドバイスをいただきました。
 認定が終わってパソコンの求人検索をしましたが、やはり希望とぴったりの求人などはありません。
 専門官のアドバイスに従い、どんな求人があるのだろうとランダムに見ると、色々有りますがどれも条件は厳しいですね。
 給与はもちろんのこと、勤務時間も8時30分始まりとか、18時までとかが多く、9時始まり5時終わりなんてほとんどないようです。自分の勤めてきた会社が如何に恵まれているかが良くわかります。最も5時退社などはほとんど無い生活でしたが。

 今日は、随分と込み合っていました。正月明けのせいもあるでしょうが、世間はまだまだ厳しい状況というのが伝わってきます。
 今年から団塊世代の大量退職が始まります。ハローワークも忙しくなるかもしれませんが、私のように60歳でさっさっと辞めるのは10人に1人か2人という調査結果もあるので、2007年問題というより2007年始まり問題といったほうが良いかもしれません。
 きちんとした会社は再雇用制度のシステムができており、働く意思のある方は残ればよいと思います。
 学生時代の友人からの年賀状でも、そのままの会社で継続が多いようです。

ラベル:ハローワーク
posted by いごっそう at 17:13| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 退職後の諸手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

自宅が売れてしまった

 10月下旬に自宅売却できたらとの条件で、さほど遠くない場所にある新しいマンション購入を不動産会社と契約しました。
 自宅売却までの期間は3ヵ月、当初売り出し価格から最低価格まで三段階の価格を決め売りに出しました。
 当初、何組かの購入希望者が休みの度に訪れましたが成約しませんでした。
 1ヶ月たち第二段階の価格に修正すると先週末3組の訪問者があり、そのうちの1人と本日売買契約を交わしました。
 10数年間住んでいましたが、子供たちも大きくなり残るは1人、新しいところを終の棲家にと考えたのが現実の話となりました。引渡しまで、およそ1ヶ月半です。
posted by いごっそう at 00:13| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 退職後の諸手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月06日

初めての失業認定

 今日は初めての失業認定を受けてきました。8時45分にハローワークへ、まず相談窓口で10分くらい就業のアドバイスを受けました。丁寧にお話いただき人材銀行にも登録したほうが良いかもと資料をいただきました。
 次に雇用保険の窓口に必要書類を提出、すぐに認定されました。
 最後にパソコンで求人の検索をし求職活動の押印をもらい終わりです。混み合っているかなと思いましたが、意外とすいていて拍子抜けです。失業者はそんなに多くないんでしょうか。
 一週間以内に入金されるそうで、企業年金と失業給付金での暮らしが始まりました。
posted by いごっそう at 11:19| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 退職後の諸手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月27日

年金停止手続きは簡単に受領された

 社会保険事務所に行って、先日申請した年金支給停止処置をしてきました。
 ハローワークで失業給付金をもらう手続きをしたからです。

 受付で用件を伝えると、申請書とともに雇用保険受給資格者証を見せてくださいといわれ、提出すると1〜2分でOKになりました。
 他に2件ほど質問し教えていただいたが、5分とかからず受付対応だけで終わりました。

 年金くださいと請求手続きした時は待ち時間も含めて一時間半、いりませんという手続きは5分、えらい簡単にすみました。

posted by いごっそう at 20:57| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 退職後の諸手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

ハローワークで失業給付金説明会

 今日は一日ハローワークで過ごしました。今月初旬に求職手続きをし、その後の手順として2回目のハローワークです。

 10時から昼前まで初回講習会を受講しました。内容は求職の心構え、ハローワークの役割・利用方法、・支援サービスなどの説明です。
 説明用の手元メモを見ながら一生懸命説明いただきましたが、聞くほうからすると資料無しの説明も多く、レジメくらいは有ったほうが解かり易いかなと感じました。

 午後は2時から1時間半、雇用保険失業給付の説明会です。出席者は60から70人程度、午前中から倍増しました。
 女性が目立ちます。男性は私のような定年退職者のような方も居ましたが、中年以下の方が多く見られました。それぞれに人生があるのでしょうが、定年までハローワークに来なくてよかった人生に感謝しなければと感じた次第です。
 ビデオが30分、前後は喋り捲りです。隣りの女性は半分くらいおやすみです。お疲れ様でした。

 説明会の合間にパソコンで求職検索をしてみました。
 操作は簡単、いろんなメニューをチェック、それなりに求職はあるのですが、自分の描くものは見つかりません。
 来月初旬に最初の失業認定日を迎えます。やはり、4週間に1度の給付金を暫らく戴くことになるでしょう。
posted by いごっそう at 19:13| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 退職後の諸手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月14日

法務局の帰りに野島展望台

 先週申請した抵当権抹消手続きの書類を受け取ってきた。受付で印鑑を渡すと、受領確認帳らしきものに押印して書類を渡された。
 確認すると登記申請書に「地方法務局登記済み」、会社の登記済権利書に「地方法務局抹消登記済」の赤いはんこが押してある。
 所要時間三分、三年間ほうっておいた手続きが無事終了した。

 帰りに、広重の金沢八景に登場する野島に寄ってみた。
 展望台は10年近くあがってなかったが、随分綺麗になっている。
 360度のパノラマ、八景島はもちろん横浜ランドマークや房総半島、富士山まで望めた。
DSC01622.jpg DSC01649.jpg
DSC01651.jpg DSC01646.jpg
posted by いごっそう at 14:44| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 退職後の諸手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月10日

ハローワークで失業給付金の手続き

 生まれてはじめてハローワークにも行ってきた。先月初め年金の支給手続きをしたが、試算してみると失業給付金をいただくほうが得策である。
 先月下旬に離職票が届いたが、しばらくゆっくりしたいので受給延長申請することも考えていた。しかし、いずれ貰うなら今でも同じと出かけてきた。

 概略次のような状況である。
 @受付で申請の旨を伝えると、求職申し込みの用紙と現状に対する質問票を渡され、記入提出する。職歴、資格、希望業務など何処まで書くか迷ったが記入枠が小さいので簡単に済ませた。
 A受付でチェックの後、年金との比較をするために4番窓口で給付金額を試算してもらう。
 Bやはり申請することとし、受付から先ほどの求職申し込み等の書類を貰い2番窓口に行く。内容チェックと確認の質問があったが、簡単に受理された。
 C再度4番窓口に行き今後のスケジュール等の説明を受けて、本日の手続きは終わり、所要一時間弱。認定されたら年金停止の手続きをするように指導を受けた。
 D後は今月指定された日に、「求職のための講習会」と「雇用保険説明会」にそれぞれ出かけて認定されることになるらしい。
 40年間も雇用保険を払ってきたから、制度に基づきいただけるものはいただきたい。

 昔の職安のイメージがあり嫌味のひとつも言われるのではと構えていたが、ここの方たちも皆さん親切な対応でした。
 退職して以来、社会保険事務所に法務局にハローワーク、初めて行ったお役所は何処も親切で丁寧な対応をでした。
 今までも仕事を通じて国や地方自治体とはたくさん係わってきた。時代とともに役所のスタンスの変化を感じてきたが、最近は本当にソフトになった。10年位前までは、税金で飯を食っているとは思えないような態度の方が結構いて、苦労させられたことが思い出される。
posted by いごっそう at 09:32| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 退職後の諸手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

自分でできた抵当権抹消手続き

 数年前に返済が完了し会社から必要書類が届いていたのに、自宅の抵当権抹消手続きをせずにほうっておいた。
 今回、終の棲家を考えるなかで思い出し、調べてみたら自分でも申請できることがわかった。時間も出来たことだしと思い、挑戦してみた。

 @インターネットで情報収集しわかる範囲で準備
 A最寄りの法務局に行き相談窓口で書類チェックのうえ、申請書の書き方など一連の手続きを教わる。
 B勤めていた会社に連絡し必要書類をそろえてもらう。(お金を借りた金融機関に連絡、私の場合は社内貸付制度を利用)
 C申請書をパソコンで作成し、添付書類をそろえて法務局に行く。相談窓口でチェックしてもらう。その場で指示通り一部修正・加筆等をして収入印紙を張り申請する。
 D指定の日(今回5日後)以降に還付書面の受け取りに行き終了する。書類の不備があれば、その前に呼び出しがあるそうだが相談員さんのチェックを信じています。

 最初に行ったのが10/13、申請が11/8、受け取りが11/13予定で、法務局に行くのは3回ちょうど1ヶ月間かかる計算だ。
 私の場合は、手元にあったのが17年3月法改正以前の書類だったこと、有効期限を過ぎていたことなどにより、会社から再交付してもらうのに時間がかかったが、それがなければもっと短期間に済むと思われる。

 やってみれば、多少の手間はかかるが難しいことは何もない。特に相談窓口の方が懇切丁寧に教えてくれるので、その通り書類をそろえていけばいい。
 かかった費用は収入印紙代5,000円、コピー代30円。司法書士さんに頼めばプラス1〜2万円くらいかなと相談員の方はおっしゃっていました。相談員さんのおかげです感謝!
 手間を惜しまない方、時間のある方は自分で手続きすることをお奨めします。

posted by いごっそう at 08:47| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 退職後の諸手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

離職票が届く

 会社から離職票が親展速達で届いた。
 今月始めに年金手続きをしてきたが、ハローワークにはどうしようかと考えている。
 失業給付金を受給すると年金が停止される。社会保険事務所では、どちらが得策かの質問には答えてもらえなかった。
 定年退職者は、申請すれば最大一年間の受給期間延長を申請できる制度もあるようだ。内容次第で権利は保留しておいたほうが得策か。
 当面、ゆっくりしたいが、近々ハローワークに行ってみるのが良さそうだ。
posted by いごっそう at 00:32| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 退職後の諸手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

年金請求手続きにいく

 昨日は親しかった同期生3人と飲む。6時から神田で飲み始め、銀座、横浜と渡り歩き、帰宅は今日になっていた。気のおけない連中だから楽しく過ごせた。いささか二日酔い。3人とも現役継続中である申し訳ない。

 午後から年金請求手続きのため社会保険事務所に出かけた。
 13時過ぎに着き、番号札を取る。23人待ち、始めて行ったが待合室はそれらしき人たちで埋まっている。待っている間にもどんどん増えてきた。
 相談窓口は8ヶ所もあるが呼ばれたのは70分後、妻と一緒に窓口に行くと担当は60半ばくらいかなと思われる女性。書類のチェックとともに、60歳、63歳、65歳、それぞれの内訳計算書をもとに優しい口調で丁寧に教えていただいた。
 失業給付金との関連についても話があり、ハローワークに行って確認したうえで、ご自身で決めてくださいとの話し。
 ところで、失業給付金を貰った期間、年金はゼロになることは承知していたが、一日でも給付金をいただいた月の年金はゼロとされるらしい。給付金の貰い始めともらい終わりの日が微妙に影響を与えることとなる。
 給付金を貰ったほうが若干プラスと試算していたが、実はマイナスになるかもしれない。細かいことはハローワークに確認する必要がありそうだ。働くつもりはないので、さっさっと退職させてもらったけど、どうするかなぁー。
 今月から収入が無くなる。とりあえず、厚生年金の手続きは終了。企業年金とあわせて何とか生活は出来ると踏んでいるが・・・。
posted by いごっそう at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 退職後の諸手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。